中国の新たな対米対抗措置は衝動的行動ではない

88彩票网

2018-08-07

    资料图:2008年5月4日下午,“台北文学季”五四文学茶会在台北市举办,诗人余光中在会前签名留念。中新社记者刘舒凌摄  香港是余光中生命和创作中的重要一站,他曾写道:“我和她曾有十二年的缘分,最后虽然分了手,却不是为了争端。”21岁时,余光中与家人迁居香港,一年后东渡台湾。

  华龙网6月28日11时讯(记者杨姝婧)6月27日,海尔“智慧家庭”杯室内设计冠军赛(重庆站)设计峰会启动仪式在重庆丽晶大酒店举行。海尔产业领导、行业专家、中央美术学院建筑设计研究院院长,教授、博士导师王铁先生、顶级设计大师赖亚楠女士、以及重庆当地各大装饰公司共计500名新锐家装设计师共同出席本次启动仪式。据悉,本次大赛由海尔主办,美国《INTERIORDESIGN》中文版担任组织机构,中国建筑装饰协会(CBDA)、中国室内装饰协会(CIDA)提供学术支持。此次重庆站启动仪式有幸邀请到了中央美术学院建筑设计研究院院长,教授,博士导师王铁先生。王铁先生主张把好的产品结合到空间中去,并指出现在的人们工作压力大,生活则希望越简单越好,一键式服务也智能化地出现在生活当中。中国の新たな対米対抗措置は衝動的行動ではない

  远到北京、甘肃的学者,上至70多岁的老人,不少外地群众到我们村参观学习郭隆真事迹。

    从实际操作角度观察,货币政策在边际上松动,也是有迹可循的,且市场明显地感受到流动性的滋润。专业人士普遍认为,可以预期的是,稳健松紧适度合理充裕并非简单的字面表述变化,在其背后,货币政策或呈现出边际上松动的趋势。

  要以扶贫工作任务和第三方考核要求为目标,倒逼工作方法,开拓工作思路,创新工作方式,以强有力的措施推动工作落实,确保完成林业行业扶贫工作各项目标任务。  会上,日照市林业局作典型发言。今年以来,日照市林业局坚持以开展大规模国土绿化行动为统领,以实施新一轮林水会战为平台,以兴林富民为宗旨,发挥林业特色,落实精准措施,努力加快贫困地区生态修复和产业发展,实现了生态建设与精准扶贫的齐落实、同发展、共促进。在林业扶贫工作开展中,日照市林业局坚持思想认识到位、组织领导到位、工作专班到位,不断强化扶贫组织保障,坚持把林业扶贫与国土绿化和林水会战高度融合,做优生态扶贫、做强产业扶贫、做实科技扶贫,立足贫困村庄的立地条件、资源禀赋和产业基础,宜林则林、宜果则果、宜游则游,让扶贫项目接地气、易实施、好生根、早见效。同时,还建立了任务清单制度、督查考核制度、工作联系制度,不断完善扶贫工作机制,取得良好成效。

米国が2000億ドル相当の中国製品に対する関税率引き上げ方針を公言したことを受け、中国は3日夜、600億ドル相当の米国製品に5~25%の間で4段階の関税を課す対抗措置を発表した。 中国新聞社が伝えた。

北京の学者はこれについて、国家の尊厳と国民の利益を断固として守る決意を示していると同時に、理性があり自制していることも十分に示すものだと指摘する。

第1に、中国が今回米国製品に対する追加関税措置を打ち出したのは、完全に受け身の応戦であり、自ら進んで攻撃を仕掛けたのではない。 中国は対話による溝の解消を一貫して主張してきた。

だが商務部(商務省)報道官が言うように、米側が双方の企業と消費者の利益を顧みず、再三事態を激化させたため、中国側は「必要な対抗措置を取らざるを得なくなった」のだ。

実際、米国は3月に鉄鋼アルミニウム製品に対して追加関税を課すと、4月には500億ドル相当の中国製品に関わる301条調査の課税提案製品リストを発表。 7月には340億ドル相当の中国製品に対して25%の追加関税を課したうえ、2000億ドル相当の課税リストを発表。

これまで中米間の貿易摩擦は常に米国が先に攻撃を仕掛け、中国が応戦してきたのであり、中国は常に自制を保ってきたうえ、過去の協議で相当の誠意を示してきた。

中国国際貿易学会専門家委員会副主任の李永氏は「今回の米側の対中圧力は『輪をかけて乱暴』であり、中国の核心的利益と国民の根本的利益を損なうこうしたやり方に対して、中国には対抗以外の選択肢はない」と指摘する。

第2に、中国の対抗は理性的分析を経た慎重な決定であり、結果を考えない衝動的行動ではない。

中国側の統計で規模を見ると、2017年に中国の対米輸出額は4300億ドル近く、対米輸入額は1500億ドル余りだった。 600億ドルが米国の対中輸出額に占める割合は約40%であり、2000億ドルが中国の対米輸出額に占める割合とおよそ相当する。

税率を見ると、商務部報道官によると、中国側の4段階税率対抗措置は広範な意見を聞き、影響を真剣に評価した後に打ち出したものだ。

特に人々の幸福、企業の耐える力、グローバル産業チェーンの維持といった要素を十分に考慮した。

李氏によると、中国側の4段階税率対抗措置は調査研究と分析に基づきまとめたものであり、国内の様々な企業の発展、消費者利益、平穏な経済運営といった各面をいずれも考慮している。 「2000億ドル相当の中国製品に対する25%の追加関税という完全な『圧力』政策と比べて、中国の対抗はずっと理性的だ」。

第3に、商務部報道官の発言によると、中国側は対抗措置の具体的実施時期を米側の行動を見て決める。 また、他の対抗措置を続いて打ち出す権利を留保する。 対抗を決して即時実施しないことは、貿易戦争を望まないが、恐れもしないという中国の姿勢を示している。

他の対抗措置を続いて打ち出す権利を留保することは、中国の権益維持にまだ「後手」があることを意味している。

中国の理性的自制的な態度を、ここからうかがい知ることができる。 (編集NA)「人民網日本語版」2018年8月6日。